イビキストについて患者さんに質問された

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

インプラント埋入手術を受けても、強い痛みを感じることはないと思ってください。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから本格的に手術を始めるためです。術後、腫れがでるのに伴って痛くなってくることもあります。

化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

インプラントは人工歯なので永久に虫歯から免れますが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングが必ず求められます。
ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。感染が重篤化する危険性があるので至急歯科医にかからなければなりません。失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点はもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再度、大がかりな手術を行って骨を大きく削り直すことになります。

インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。この治療が保険適用になるのはごく少数例で、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。

ほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を強いる原因です。

安い材質、安い治療で済ませても十数万円、高価な材質を選ぶなどで数倍の費用がかかるケースもあることを承知しておく必要があります。最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に前よりも口臭が気になるといった変化がたまにあるということです。

義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症しているという可能性もあるのです。そのようなケースでは、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨との親和性が高くアレルギーの発症例も少なくなっています。
インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療を始めるのが普通ですから患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを欠かさず継続することで安全で、快適な使用が続くことを期待できます。
重度の虫歯になってしまい、とうとう抜歯を迫られました。
両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、最終的にインプラントを選びました。保険がきかないため、高額になりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。
インプラントで噛むようになり、しばらくして隣の歯と同じように使えたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。

ブリッジ治療を例に取ると、ブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。両隣の歯は健常なので、削りたくないという希望がある方にはインプラント治療を考えた方が良いですね。理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。
最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療は決して不可能ではありません。現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で調べ、 相談してください。よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。

入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。
インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の高レベルの医療技術が物を言うといわれています。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということであり、その分高額になっているのです。